世界遺産の海、ニューカレドニアのグリーン島をシュノーケリングでチェック!♪ | ニューカレドニアまとめサイト

渋谷駅前店 ビーチリゾートデスク TEL 03-6415-8614

ニューカレドニアまとめサイト トップ旅ブログ > 世界遺産の海、ニューカレドニアのグリーン島をシュノーケリングでチェック!♪

ニューカレドニアまとめサイト

旅ブログ

旅BLOG

世界遺産の海、ニューカレドニアのグリーン島をシュノーケリングでチェック!♪

2014/11/22~2014/11/27
ニューカレドニア
世界遺産
ニューカレドニアに世界で2番めに大きな珊瑚礁があって、世界自然遺産にも登録されてるのをご存知ですか? そのなかのグリーン島はヌーメアから2時間30分かけても「行く価値ある!!」というか「行かないと損!」です。
2014/12/6 佐々木絵里

南国の島、ニューカレドニアに世界遺産の海があるんです!

あまり知られていませんが、ニューカレドニアはオーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ、広大な珊瑚礁を持つ国です。
2008年にユネスコの世界自然遺産に登録されたのは、ニューカレドニアの本島であるグランドテール島周辺に広がる長さ1600km、広さは2万3400平方kmのラグーン。珊瑚礁を住み家とする生き物たちが数多く生息し、なんと全世界の約5%もの種目がいるそうなんです!

海好きの担当者ササキとしては見たい。いやいや、何をおいても見てみたい!!
というわけで、ニューカレドニアの世界遺産の海に浮かぶグリーン島までシュノーケルしに行ってきました~。

世界遺産の海は、ヌーメアのアンスバタから2時間半の道のり。

私たちがこの日宿泊していたのは、ヌーメアのヒルトンプロムナードホテル。美しいビーチ沿いにホテルが並び、観光客も多いアンスバタエリアにあります。

早朝、おいしいパン屋さんで焼きたてパンを食べながら7時にホテルロビーへ集合。お迎えの車に気軽に乗りこむと、なんと2時間半かかるとのこと! 「トイレいっとけばヨカッター…」と、自分の勉強不足を恨んだのも後の祭り。
牛やら馬やら山やら・・南太平洋のバカンス地、ニューカレから予想もしていなかった素朴な風景を車窓から眺めること2時間半。
「きれいなビーチのあるヌーメアから、はたして2時間半もかけていく価値のある島なのだろうか…」、ササキに疑念が湧き上がります。
やっと着いた港から、ちっちゃなボートでグリーン島へ出発です。

イルカの群れに感動!でも、波は案外高いから水着着用ですね…

港からスピードボートでグリーン島までは約15分。
まずはシュノーケルポイントまで移動です!

このボートが、跳ねる跳ねる。バシャバシャ濡れるので、水着を中に着ていくのはもちろん、スマホやカメラなど濡れてはいけないものは、防水バッグが必要です。

この世界遺産の海では、イルカやらサメやらジュゴンやら、大物もたくさん。
私たちもイルカの群れに会いました! かわいすぎる! 感激!!!!

ポイントへ向かう途中にボートから観光も

シュノーケルポイントへ向かう途中、南洋杉が大量に生えているビーチを発見。ガイドさんの説明によると、ここはタートルビーチという、たくさんの亀たちが産卵にくるビーチだそう。
カメ好きのササキ。めっちゃ見たい〜!!
が、今回は見れず、残念。

その近くには、「ラ・ロシェ・ペルセ」(LaRochePercee)という、波風によって造り出された奇岩があります。ロシェ・ペルセというのは、「だるま」という意味で、人の横顔に見えることからその名前がついたそう。
このブーライユエリアでも有名な観光スポットで、普通は陸側から眺めるのを、海の上から見られてちょっとお得な気分。

シュノーケルでいざ、世界遺産の海の中へ。

ようやっとシュノーケルポイントに到着♪

行ってみて気付いたのですが、ニューカレドニアは常に風が吹いている、湿気もなく過ごしやすい気候。ただ、この心地よい風がシュノーケルの場合は、さ、寒い。

若干曇っていたこの日、震えながらシュノーケリングですかぁ…とテンションが下がりそうになった時に、出てきました!ウエットスーツが! 助かったー、あったかいー!!!

いそいそとウエットに着替え、クリアブルーの海の中へ!
と、すごい大量魚たち!
浅瀬なので深く潜らなくても、目の前に色とりどりの珊瑚のまわりをトロピカルな魚が舞っています! たくさんのエダサンゴ、ソフトコーラルに潜むアネモネフィッシュ(ニモ)など、充分にダイビング感覚♪ 
もう最高です!
2時間30分の移動も、揺れるボートも、寒かった風も頭からふっとじゃいました!
さすが人類の宝、世界遺産!!

いよいよ、目的地のグリーン島上陸~!

たっぷりシュノーケルを楽しんだ後は、いよいよグリーン島上陸です!
海の透明度は抜群、ビーチは眩しいくらいのホワイトサンド。ニューカレドニアに来てよかった!と実感する瞬間です。
ただ、さすがに海からあがるとちょっと寒いかも。大きめのタオルがあると便利です。焚火が用意してあるので、ひとまずはここで暖をとりましょう。

無人島のランチはワイルド料理!

上陸して、焚火にあたっているとスタッフの方々がおもむろに食事の支度。

なんだか香ばしくていいにおい・・・と思ったら、鹿肉と魚肉のソーセージを焼いてる!
こんがりと焼けたソーセージに醤油ベースのテリヤキソース。
ビールのつまみになりそうな、おいしい一品。
それにクスクス(世界最小のパスタ)とサラダとフルーツという、無人島感満載のワイルド料理。
とってもおいしくいただきました♪
みんなで外でのんびり食べるランチは、格別です!!

心ゆくまで無人島を楽しんで!

ランチを食べた後は、各自自由行動です。

ビーチで寝そべってもよし、波と戯れてもよし、ジェットスキーを体験してもよし。
砂に絵を描いて、童心にかえるもよし。
綺麗な海と真っ白なビーチを、心ゆくまで堪能します!

グリーン島の結論は「行く価値ある!!というか、行かないと損!」

【写真左】港であった子犬と女の子。どちらも可愛いすぎる【写真中央】砂浜に描いてみた社名「STW」 【写真右】ブーライユからの夕日。グリーン島行くなら、その後は近くの「シェラトン デヴァ」宿泊がオススメです
最初の段階で疑問だった、
「2時間半もかけていく価値のある島か?」についてですが、
答えは「行く価値ある!!というか行かないと損!」でした!
世界のいろんな海でシュノーケリングを体験している私、シュノーケラー・ササキですが、ここまで珊瑚が元気で豊富で、シュノーケル向きの海は出会ったことがありません!!
おまけに、運がよければイルカやジュゴンなんかも見れちゃうなんて…凄すぎる! 
なんちゃってダイバーのササキですが、次回はぜひダイビングもやってみたいと思う海でした。
グリーン島、ぜひぜひ行ってみてください!! 
お問い合わせお待ちしてます~♪

【写真左】港であった子犬と女の子。どちらも可愛いすぎる
【写真中央】砂浜に描いてみた社名「STW」 
【写真右】ブーライユからの夕日。グリーン島行くなら、その後は近くの「シェラトン デヴァ」宿泊がオススメです