3世代海外旅行で避暑&リゾートもOKのニューカレドニアへ | ニューカレドニアまとめサイト

渋谷駅前店 ビーチリゾートデスク TEL 03-6415-8614

ニューカレドニアまとめサイト トップ旅ブログ > 3世代海外旅行で避暑&リゾートもOKのニューカレドニアへ

ニューカレドニアまとめサイト

旅ブログ

旅BLOG

3世代海外旅行で避暑&リゾートもOKのニューカレドニアへ

2010/8/11~2010/8/11
ヌーメア
ファミリー
8月に蒸し暑い日本から、初めての海外家族旅行でニューカレドニアへ行ってきました。ハネムーンにも最適ですが、3世代の家族旅行にもやさしい旅先です。実際に体験してわかった旅のヒントもご参考ください!
2010/8/16 アジアリゾートK.K

機内で耳が痛くなる時はアメで解決!

【写真左】機内は2席:4席:2席なので横1列(4席:2席)で押さえました【写真中】ヌーメア到着、出発ともタラップを使いますが、急いで写真を撮らないと係員に急かされ怒られます(でもベストショットポイントです。チャンスは往復1回づつ)【写真右】「お腹がすいた」という子供のためにカップヌードルもリクエストで用意してくれます。子供用といいつつ匂いに我慢できず私も…(帰国便にて)
成田・関空からの唯一の直行便エアーカラン航空。日本から約8時間のフライトで機内ではフランス産のおいしいワインも飲むことができます。今回は家族6人ということもあり事前に席を押さえたくWEBチェックインを行いました。(ご興味ある方は最後のページを見てください)
搭乗して子供のために注意することは、気圧変化で耳が痛くなる時に「耳ヌキ」ができないこと。個人差はありますが、この時にアメをなめていればスムーズに耳ヌキができるようです。

【写真左】機内は2席:4席:2席なので横1列(4席:2席)で押さえました
【写真中】ヌーメア到着、出発ともタラップを使いますが、急いで写真を撮らないと係員に急かされ怒られます(でもベストショットポイントです。チャンスは往復1回づつ)
【写真右】「お腹がすいた」という子供のためにカップヌードルもリクエストで用意してくれます。子供用といいつつ匂いに我慢できず私も…(帰国便にて)

観光バスで楽ちんなヌーメア半日市内観光

【写真左】朝市の野菜売り場、魚屋さんを散策【写真中】ウァントロの丘は見晴らしが最高!【写真右】水族館では珍しい魚がいっぱい。娘も夢中でカメの写真を撮ってました
到着日おすすめのオプショナルツアーは半日ヌーメア市内観光!
プチフランスとも言われる街は、なんだかおしゃれな南国に舞い降りた気分。

マルシェ(朝市)、ココティエ広場、ウァントロの丘、水族館とヌーメアの主要ポイントを見ることができます。観光バスで周遊しますので、子供もおじいちゃん、おばあちゃんもゆったりと楽しめます。
ニューカレドニアは南半球のため日本の夏は間逆の冬とも言われるのですが、日本の初夏のようで過ごしやすいです。
【写真左】朝市の野菜売り場、魚屋さんを散策
【写真中】ウァントロの丘は見晴らしが最高!
【写真右】水族館では珍しい魚がいっぱい。娘も夢中でカメの写真を撮ってました

アンスバタビーチのオープンカフェでランチ

【写真左】アンスバタビーチ沿いをゆったり散策【写真中】「ル・ファレ」にてハンバーガーセット、サラダ、パニーニと結構、量が多いので子供とシェアするぐらいでも十分【写真右】プロムナードホテルから見えるアンスバタビーチ。沖合いにはカナール島が見えます
市内観光後、ちょうどお腹のすく時間です。ホテルに戻りランチ場所を求め、ぶらぶらとアンスバタビーチを散策。現地旅行会社サウスパシフィックツアーズでもらったSPTホテル周辺マップを見ながら、パームビーチショッピングセンターの「ル・ファレ」カフェでランチタイム。
一品500~1000CFPぐらいなので日本と同じ感覚です。オープンカフェはおしゃれなので一度味わってみてください

【写真左】アンスバタビーチ沿いをゆったり散策
【写真中】「ル・ファレ」にてハンバーガーセット、サラダ、パニーニと結構、量が多いので子供とシェアするぐらいでも十分
【写真右】プロムナードホテルから見えるアンスバタビーチ。沖合いにはカナール島が見えます

アンスバタビーチでも泳げます!

【写真左】透き通る海、白い砂のアンスバタビーチはきれいでした【写真中】子供たち持参品:マスク、シュノーケル、浮き輪、ラッシュガード、マリンブーツ【写真右】真水ですがアンスバタビーチにもシャワーがああって便利です。夕方のシャワーは冷たいので、タオルを持参してください
昼食後ちょうど14時をまわったぐらい、天気が良いのでホテルで水着に着替えアンスバタビーチからタクシーボートに乗ってカナール島へ…のはずでしたが、その時間のカナール島は満杯のためタクシーボートに断られてしまいました。
そんなハプニングは旅にはつきものと前向きに受け止め、水着の私と子供たちはアンスバタビーチで地元の子供たちに混じってスイミング。透明度も悪くなく子供と泳ぐには十分なビーチです。
夕方になると気温も下がり肌寒くなります。ラッシュガードを着ると保温性があるので便利。紫外線が強いのでお肌にもやさしいです。なお、足元はサンゴのかけらも多いのでケガしないようにマリンブーツ着用を。ビーチサンダルは脱げてしまいますからね。

【写真左】透き通る海、白い砂のアンスバタビーチはきれいでした
【写真中】子供たち持参品:マスク、シュノーケル、浮き輪、ラッシュガード、マリンブーツ
【写真右】真水ですがアンスバタビーチにもシャワーがああって便利です。夕方のシャワーは冷たいので、タオルを持参してください

ホテルのテラスで豪華(?)ディナー

【写真左】アンスバタビーチが一望できるテラスには6人がけのテーブルがあり雰囲気良い食事が楽しめます【写真中】ワインも1,000CFP前後、バケットは1本100CFP、マヨネーズ、ジュース、生ハム、チーズは日本に比べるとかなりお安く、しかも味は最高!【写真右】奥から洗濯機、大型冷蔵庫、電子レンジ、電気コンロ、オーブン。他にポット、コーヒーメーカー、食器類も全て揃っていて1ヶ月ぐらいは過ごせそうです
アンスバタビーチから戻り、さてディナーはどこで…と考えていたのですが、子供たちは疲れて「どこにも行きたくない!」と大合唱。ということで、宿泊しているラ・プロムナードホテルで自炊することに。
ホテルから歩いて5分の「オセアニア」で、バケット、生ハム、チーズ、ベトナム風春巻き、ピザ、ワインとビールを買い仕込んで、部屋のテラスで“豪華ディナー”ということになりました。
このラ・プロムナードは、冷蔵庫から洗濯機まですべてそろって、家族には便利なホテルです。食材や飲み物が残っても冷蔵庫があるから大丈夫。食後は、子供たちは部屋で好き勝手に過ごせて、大人たちはゆっくり飲むことができます。


【写真左】アンスバタビーチが一望できるテラスには6人がけのテーブルがあり雰囲気良い食事が楽しめます
【写真中】ワインも1,000CFP前後、バケットは1本100CFP、マヨネーズ、ジュース、生ハム、チーズは日本に比べるとかなりお安く、しかも味は最高!
【写真右】奥から洗濯機、大型冷蔵庫、電子レンジ、電気コンロ、オーブン。他にポット、コーヒーメーカー、食器類も全て揃っていて1ヶ月ぐらいは過ごせそうです

雨が降ったら市内でショッピング

【写真左】ホテルで傘を借りてヌーメア市内へ。前日は温かく海で泳げたのに、フード付きパーカー着用です【写真中】家内はフランスの絵本に夢中?おしゃれな文具品はお土産におすすめです【写真右】ココティエ広場近くの書店&文具店。かわいらしい絵本がたくさんありますが、もちろんフランス語です…
運悪く(?)3日目は朝から雨。気温も20℃以下で肌寒く、長袖が必要です。南国だって雨ぐらい降るさぁ…ということで、ホテルで傘を借りて市内バスに乗りこみショッピングへ。向かうはヌーメアの中心街です。

さすがプチフランス、おしゃれなものばかりで家内とおばあちゃんは買い物に大はしゃぎ! 雨だろうと楽しいニューカレドニアが味わえるというわけです!

ちなみに私はフード付きの防水ウィンドブレーカーを着ています。なぜかといえば…、たくさんの荷物を持たされるからで、傘なんて到底させませんから…。私のようなお父さんたちには、このようなアイテムが便利です。

そうそう、日曜日の買い物には注意が必要です。ほとんどのお店はお休みで、営業しているのは大型スーパーくらい、しかも正午過ぎには閉店してしまいます。


【写真左】ホテルで傘を借りてヌーメア市内へ。前日は温かく海で泳げたのに、フード付きパーカー着用です
【写真中】家内はフランスの絵本に夢中?おしゃれな文具品はお土産におすすめです
【写真右】ココティエ広場近くの書店&文具店。かわいらしい絵本がたくさんありますが、もちろんフランス語です…

K家がヌーメアで買ったお土産セレクション

【写真左】娘たちが履いていたサンダルが濡れてびちょびちょなので1足づつ購入(1,100CFP)【写真中】市内、ココティエ広場裏の「NOUMEA PAS CHER」はニューカレドニア版「ニトリ」。おしゃれなお皿がお安く(写真は290CFP)、おばあちゃんは赤いお皿を7枚も購入(割れずに帰国)【写真右】秋に向けておしゃれなデザインのセーターを買いました(1,450CFP安っ!)。立派なお土産です
我が家用として購入したお土産をご紹介します。
持ち帰る自信があれば(預け荷物はエコノミークラス20キロ以内)、ヌーメア市内ではいろいろなものが“発掘”できますね。
女性は街歩きが楽しいはずなので、お父さんは嫌な顔せず付き合ってあげましょうね。そして荷物持ちに徹しましょう、私のように…。


【写真左】娘たちが履いていたサンダルが濡れてびちょびちょなので1足づつ購入(1,100CFP)
【写真中】市内、ココティエ広場裏の「NOUMEA PAS CHER」はニューカレドニア版「ニトリ」。おしゃれなお皿がお安く(写真は290CFP)、おばあちゃんは赤いお皿を7枚も購入(割れずに帰国)
【写真右】秋に向けておしゃれなデザインのセーターを買いました(1,450CFP安っ!)。立派なお土産です

テラスで優雅な朝食、あとはカナール島へ 

【写真左】プロムナードホテル1階にあるパン屋。朝早くからパンのいい匂いが漂います。ただし日曜日はお休みなので注意【写真中】すっかり部屋のテラスで食事する習慣がついてしまったK家…。おととい購入したチーズをバケットに載せて、軽くオーブンで焼くとこれがおいしい! ちなみ娘が食べているのはカレーです。電子レンジで温めるご飯、レトルトカレー、インスタントお味噌汁を持参したものです。ご飯派の方にはうれしい1品になりますよ【写真右】備え付けのコーヒーメーカー。コーヒー豆は別で、メラネシア&ニューカレドニア産で550CFP、牛乳は130CFPでした
4日目は終日遊べる最終日。
昨日の雨が嘘のように晴れました。朝からプロムナードホテル1階ショッピングセンターのパン屋でクロワッサン、チョコレートパン、バケットを購入し、朝食を取っていざカナール島へ。


【写真左】プロムナードホテル1階にあるパン屋。朝早くからパンのいい匂いが漂います。ただし日曜日はお休みなので注意
【写真中】すっかり部屋のテラスで食事する習慣がついてしまったK家…。おととい購入したチーズをバケットに載せて、軽くオーブンで焼くとこれがおいしい! ちなみ娘が食べているのはカレーです。電子レンジで温めるご飯、レトルトカレー、インスタントお味噌汁を持参したものです。ご飯派の方にはうれしい1品になりますよ
【写真右】備え付けのコーヒーメーカー。コーヒー豆は別で、メラネシア&ニューカレドニア産で550CFP、牛乳は130CFPでした

カナール島はシュノーケリングデビューに理想の海

【写真左】こんなきれいな海、初めて見た!と大はしゃぎ【写真中】おじいちゃんはずっーーと海を眺めてました【写真右】島内にバーベキューレストランがあります。手ぶらもここで昼食、ビールも飲めます。ハム&チーズ入りのクレーは1050CFP
カナール島までは、タクシーボートでわずか5分。戻りのボートは14時発の便を予約しておきました。こんなに近ければおじいちゃん、おばあちゃんにもやさしいです。

カナール島の海は驚くほどきれいです。透明度はかなりよく、温暖化の影響が少ないようでサンゴがいきいきして、シュノーケリングデビューに理想の海ですね。
ただ、アンスバタビーチに比べて、海に入るとサンゴが多いので足元には気をつけてください。

[カナール島ミニ情報]
ビーチベット1台につき600CFP/パラソル600CFP。勝手に座っていると係員がお金を徴収しにきますのでその時に支払いましょう。
【写真左】こんなきれいな海、初めて見た!と大はしゃぎ
【写真中】おじいちゃんはずっーーと海を眺めてました
【写真右】島内にバーベキューレストランがあります。手ぶらもここで昼食、ビールも飲めます。ハム&チーズ入りのクレーは1050CFP

会社のお土産は大型スーパーが便利

【写真左】ポートプレザンスショッピングセンター。アンスバタから一律バス運賃210CFP(子供は100CFP)。10分間隔で走っていますが土、日は30分間隔に【写真中】ワインは手荷物では持ち帰れないのでスーツケースに入る方のみおすすめです。ワインなら大人1人につき3本まで免税です【写真右】日本のスーパーと同じ感覚で親子共々楽しめます
家族旅行なら会社の仲間、ご近所さんへと…たくさんのお土産を購入しなくてはならない方が多いですよね。私たちも前々日は自分たち用しか買ってないし…。
ということで、ディナーを兼ねて市内バスで約15分のポートプレザンスショッピングセンター(市内より手前)のカジノスーパー(フランスのチェーン店)へ行きました。
クッキー、チョコレートビーンズ(空港お土産屋の半額の750CFP)、家内はニューカレドニア産のニアウリクリームを購入。
大型スーパーなら、1ヵ所でたくさんのものが安く手に入るので非常に便利です。なお、土曜は16時以降アルコールの購入ができないのでご注意ください。

【写真左】ポートプレザンスショッピングセンター。アンスバタから一律バス運賃210CFP(子供は100CFP)。10分間隔で走っていますが土、日は30分間隔に
【写真中】ワインは手荷物では持ち帰れないのでスーツケースに入る方のみおすすめです。ワインなら大人1人につき3本まで免税です
【写真右】日本のスーパーと同じ感覚で親子共々楽しめます

さよならのディナーはフレンチで

【写真左】店員さんが乾杯時に写真を撮ってくれました【写真中】メイン=人数分にしないほうがいいですね。ボリューム満点ですから【写真右】食後のデザートに堪能!金額は…合計24000CFPでした
ポートプレザンスから5分ほどバスで戻り、さよならフレンチディナーのためにベイデシトロンショッピングセンターへ。
お目当ては子供連れでもOKと聞いていたカジュアルフランチの「カカオサンパカ」です。事前に予約をして、食事まで隣のバーで1時間ほどくつろぎました。
まずはニューカレドニア名産の「天使のえび」。殻まで食べることができ最高においしいです! 他にサーモンのパテ、リブステーキ、牛肉のカルパッチョ、シーザーサラダ、ワインは1.5本(追加はハーフボトルをオーダー)、そしてデザート。うーん、お腹いっぱいです。
ここは地元の方、観光客、子供連れも多く、中華料理のようにシェアして食べることができて、家族にはおすすめです。
こうして最後の夜は、最高のフレンチディナーで締めくくりました。


【写真左】店員さんが乾杯時に写真を撮ってくれました
【写真中】メイン=人数分にしないほうがいいですね。ボリューム満点ですから
【写真右】食後のデザートに堪能!金額は…合計24000CFPでした

家族全員すばらしい夏休みに満足

初めての家族旅行でニューカレドニアってどんなものだろう?と思っていましたが、家族全員が「楽しかった!」の一言で大満足でした。
短い時間を過ごすならば、現地の情報を調べて、あれもこれもと欲張らず、お子様、おじいちゃん、おばあちゃんに無理のない旅程にすることが重要です。

また、現地に行くだけでなく、家族揃って旅先のことを調べたり、片言でもフランス語を覚えたりするのも旅行の醍醐味だと感じました。

ニューカレドニアで感じた風は一生の思い出となりました。

[ニューカレの観光情報]
http://www.newcaledonia.jp/ 
ニューカレドニア政府観光局のホームページ
http://www.meteo.nc/ 
ずばり当たりました。ニューカレドニアの天気予報。是非出発前に調べてみてください。
http://www.aircalin.jp/ 
エアーカラン航空ホームページ。ここからEチケット番号があればWEBチェックインができます。