6日間で欲張りに『天国に一番近い島』を満喫! | ニューカレドニアまとめサイト

渋谷駅前店 ビーチリゾートデスク TEL 03-6415-8614

ニューカレドニアまとめサイト トップ旅ブログ > 6日間で欲張りに『天国に一番近い島』を満喫!

ニューカレドニアまとめサイト

旅ブログ

旅BLOG

6日間で欲張りに『天国に一番近い島』を満喫!

2013/05/20~2013/05/25
ニューカレドニア
現地情報
『天国に一番近い島』ニューカレドニア。6日間でヌーメア、水上コテージが人気のメトル島、イルデパン、無人島ノカンウイ島など、人気スポットを網羅する欲張りプランを体験してきました。
2013/6/21 佐々木佳苗

1日目:成田から直行便でいざ!出発!

【写真左】飛行機のチェックインは、主流になってきたチェックイン機で行います。チェックインをしたら、奥のカウンターで荷物(スーツケース)を預けます。【写真中】機内ではおいしいとの噂を聞いたお魚料理をチョイス。【写真右】到着前に見れた朝焼け。ワクワク感が増しますね!
ニューカレドニアへのアクセスは、成田から直行便が月・水・土・日曜日に就航しています。成田20:40発 定刻通りに出発です。

【写真左】飛行機のチェックインは、主流になってきたチェックイン機で行います。チェックインをしたら、奥のカウンターで荷物(スーツケース)を預けます。

【写真中】機内ではおいしいとの噂を聞いたお魚料理をチョイス。
モニターで先にメニューをチェックしておくといいですよ!

【写真右】到着前に見れた朝焼け。ワクワク感が増しますね!

2日目:到着!両替してまずはヌーメア市内まで~

【写真左】ヌーメア空港到着時の両替所。スーツケースを受け取ってすぐのところにあります【写真中】税関出口を出た目の前にツアーデスクがあります【写真右】市内までの道中はこんな感じです。南太平洋のビーチな雰囲気は全くないのですね…
ニューカレドニア 7:15着
朝から元気に行動できるように、飛行機ではしっかりと寝ておきましょう!!

ヌーメア到着時の両替所での両替がおすすめです!
ちょっぴりですが、日本で両替するよりお得なんです。
そして数名でご旅行の際は、誰かがまとめて両替するのがおすすめです! 1回の両替につき手数料が650CFPかかりますから。

空港から市内へは、車で約1時間(距離約50km)。
ツアーには、送迎が付いておりますので、そのまま送迎を使いましょう。空港はリニューアルしたばかりなので、とっても綺麗です。
税関出口を出るとすぐにツアーデスクがあります。

パッケージプランでお申込みいただいた方々は、まずはこちらのデスクにお立ち寄りいただきます。さぁて、ヌーメア市内へ向けて出発です!

【写真左】ヌーメア空港到着時の両替所。スーツケースを受け取ってすぐのところにあります

【写真中】税関出口を出た目の前にツアーデスクがあります

【写真右】市内までの道中はこんな感じです。南太平洋のビーチな雰囲気は全くないのですね…

2日目:人気のメトル島へ日帰りトリップ!

【写真左】モーゼル湾へ行くと「ドーン」と大きな看板があります【写真中】このボートに乗ってメトル島へ【写真右】南フランスの雰囲気のハーバーには、個人所有の自家用ボートがたくさん!【写真左】エスカペードアリランドリゾートの水上コテージ☆【写真中】リゾート内のプール♪【写真右】リゾートでランチもいただきました。「天使のエビ」も食べ放題です♪
ニューカレドニア1日目は、ヌーメアに宿泊のため、一旦、市内のホテルへチェックインして、すぐにメトル島視察のためボート乗り場へ。

モーゼル湾よりボートで約20分!
ボートには船内の日差しを避けられる席と、2階の日差しガッツリな席があります。風が気持ちいいので、2階席で日差しを浴びてきました。

水上コテージが見えてきたら、間もなく到着です。ニューカレドニアで水上コテージに泊まりたいなら、ココです。『エスカペードアイランドリゾート』に宿泊のプランをお選びください!

ここはマリンアクティビティが豊富で、せっかくなのでマリンジェットツーリングを体験しました。

ウェットスーツに着替え、勢いに任せていざ海へ!
慣れるまでは怖かったのですが、思いっきりスピード出して、
海を独り占めしている気分で気持ち良かったです! おススメ♪

日本人スタッフがいるので、フランス語は…という方でも楽しめます。市内から近く、日帰りトリップもあります。


【写真左】モーゼル湾へ行くと「ドーン」と大きな看板があります

【写真中】このボートに乗ってメトル島へ

【写真右】南フランスの雰囲気のハーバーには、個人所有の自家用ボートがたくさん!






【写真左】エスカペードアリランドリゾートの水上コテージ☆

【写真中】リゾート内のプール♪

【写真右】リゾートでランチもいただきました。「天使のエビ」も食べ放題です♪

2日目:ディナーは海の上のレストラン「ル・ルーフ」(Le Roof)で♪

【写真左】ニューカレドニアビール『No.1』【写真中】エビ料理が豊富です【写真右】遠目で見たレストラン。左側の突き出ている建物です
アンスバタ地区の海上に突き出ているレストラン『Le Roof』!
運がよければ野生のイルカに出会えるとか。
残念ながら、今回は大量の小ザメしか現れませんでした…(><)
フランス語で注文はキツいという方は、日本での事前予約をしておくのがおすすめです!

【写真左】ニューカレドニアビール『No.1』
【写真中】エビ料理が豊富です
【写真右】遠目で見たレストラン。左側の突き出ている建物です

3日目:待ちに待った『イルデパン』へGO!

【写真左】80席くらいの小さな飛行機です【写真中】可愛らしくて空港とは思えない…イルデパン空港【写真右】イルデパンのバオ村にあるカトリック宣教師上陸の記念碑。何かパワーを感じたような気がします
今回楽しみにしていた『イルデパン』滞在。

イルデパン=日本語だと「松の島」。
その昔、クック船長が降り立った際、この島固有のスギを見て、松の島だ!!と名付けたそうです。

先ずは国内線の空港『マジェンタ空港』へ向かいます。
市内からは20分ほどで到着します。

ここからがドキドキでした。
ちょうどストライキ・運休が多発していた頃で、この日も飛ぶかどうかは出発予定時刻の20分前くらいまでわからない状況でした。
運よく無事に出発!! 満席です。25分ほどですぐに到着!


【写真左】80席くらいの小さな飛行機です

【写真中】可愛らしくて空港とは思えない…イルデパン空港

【写真右】イルデパンのバオ村にあるカトリック宣教師上陸の記念碑。何かパワーを感じたような気がします

3日目:人気のビーチへ!さらさらな砂に感動!

【写真左】クト・ビーチ【写真中】カヌメラ湾【写真右】ピッシンヌ・ナチュレル
ビーチ好きとしては、イルデパンで3つのビーチはおさえておきたいですね。

【写真左】クト・ビーチ
砂があり得ないくらいサラサラです!パックしたくなるくらいの砂浜でした。世界でもトップクラスに入るキメの細かい砂♪

【写真中】カヌメラ湾
クト・ビーチから徒歩でも行ける、スノーケルポイント!!
この日はオーストラリアから豪華客船が寄港していて、大賑わいでした

【写真右】ピッシンヌ・ナチュレル
メリディアン・イル・デ・パンの奥にある『天然プール』!
スノーケルが楽しめる人気スポットです! 道のりがジャングル探検のようで、ワクワクどきどきでした!

4日目:「ノンカウイ島」ツアーは絶対に外せない!

【写真左】こちらがノンカウイ島です! 白砂とブルーの海がめちゃくちゃキレイ!!【写真中】ランチのロブスター。大きなのを選んだら、かなりお腹いっぱいです【写真右】頑張って探してくれたカメさん。船の近くまで連れて来てくれました! 運が良ければ、皆さんも出会えます♪【写真左】カップルが絵になっていたので、うらやましくてパシャリ!【写真中】ノンカウイ島までの海もめちゃくちゃキレイです
せっかくイルデパンだから、外したくないのが… 
「ノンカウイ島ツアー」です!!

ボートで30分くらいの無人島で、白砂の遠浅な素敵すぎる場所です。
島に到着すると、ボートは別の島へ昼食の準備に向かうので、ツアー参加者だけがこの「ノンカウイ島」に残されます。

日陰はないので、日焼けの気になる女子はしっかり対策を!!
ボートに乗り込む時から、海につかるので、ハーフパンツ、ビーチサンダルでの参加がおすすめです。

1時間ほどすると、先ほどのボートが迎えに来て、昼食とシュノーケルを楽しめる島へ移動します♪

今回はブエナ島でした! ツアーや出発ホテルによっても、昼食場所が異なります。
ランチは、顔よりも大きなロブスター、なんとも贅沢!

行きと帰り際に、カメさん生息ポイントがあります。
船長さんが、必死にカメを探してくれます。


【写真左】こちらがノンカウイ島です! 白砂とブルーの海がめちゃくちゃキレイ!!

【写真中】ランチのロブスター。大きなのを選んだら、かなりお腹いっぱいです

【写真右】頑張って探してくれたカメさん。船の近くまで連れて来てくれました! 運が良ければ、皆さんも出会えます♪





キレイなので写真をもう少しご紹介します。

【写真左】カップルが絵になっていたので、うらやましくてパシャリ!
【写真中】ノンカウイ島までの海もめちゃくちゃキレイです
【写真右】こちらのボートで島まで送ってもらいました

4日目:イルデパン2連泊のハプニング(?)でリゾート満喫

午前中に「ノンカウイ島」へ行き、午後にヌーメアへ戻るという、
結構、ハードなスケジュールでツアーから戻ると…。
なんとっ!!
国内線は本日運休・・・という情報が入ってました。
「またぁ、そんなこと言って、往路と同じで結局飛ぶでしょう?」
などと、のほほんとしていたら、ホントに飛びませんでした…。
急遽、イルデパン2泊に。

せっかくなので、3時間くらいのんびりプールサイドでティータイム。ゆっくりとホテル滞在を楽しみました♪

5日目:おいしいジェラート目指してヌーメア市内観光

【写真左】アンスバタにあるレストラン『ASTR LABE』。デザートのアップルパイがものすごく美味しかった!【写真中】市バス。事前にチケット売り場でチケット購入も出来ます。市内中心地からアンスバタへは、190フラン(2013年5月)で行けます【写真右】人気のジェラート『Amorino』
翌日は国内線も無事に飛び、ヌーメアへ戻りました。
予定では午前中からアメデ島の予定でしたが、
ヌーメアに午後到着だったので、残念ながらキャンセル。
その代わりにできた自由時間で、街中を市バスに乗って観光です。

ヌーメアの街の物価はちょっと高めなので、私はウィンドウショッピングに専念(><)。
ただ、絶対に行ってみたかったジェラート屋さんがあり、
勢いで1000フラン(1300円くらい)のジェラートを食べちゃいました♪♪ どの味も濃厚でとって~もおいしかったです。


【写真左】アンスバタにあるレストラン『ASTR LABE』。デザートのアップルパイがものすごく美味しかった!

【写真中】市バス。事前にチケット売り場でチケット購入も出来ます。市内中心地からアンスバタへは、190フラン(2013年5月)で行けます

【写真右】人気のジェラート『Amorino』

6日目:マルシェでカフェラテ!そして帰国

【写真左】市場はカラフルなフルーツやお花がたくさん【写真中】ここのカフェラテが大人気!【写真右】これが顔より大きなカフェラテ。クロックムッシュ
国内線のフライトが変更で行けなかった朝市とマルシェへ。帰国日ですが、早朝から頑張って行って来ました。

地元の人たちに大人気というカフェがあるということで、ホテルの朝食は食べずにガマン。いざ!マルシェカフェへ。

せっかくなので、とにかく人気なメニューをと、顔と同じくらいの大きさの『カフェ ボウル』と『クロックムッシュ』をいただきました。マルシェを楽しみ、すぐに帰国の途へ。
ビーチあり、グルメあり、無人島あり、リゾートありと充実して、ハプニングもあったりと密度の濃い6日間でした!
今回は時期的には雨季でしたが天候に恵まれ、ビーチに行くときは全て晴れ!
雨季とはいえ、日本の梅雨のように雨が降り続くことは稀だとか。
暑くて海に飛び込める気候でした♪
9月ごろからはベストシーズンに入ります。
ニューカレドニアはハネムーンの方はもちろん、女子旅、一人旅の方にもおススメです。
皆様からのご相談、お問い合わせお待ちしております!


【写真左】市場はカラフルなフルーツやお花がたくさん

【写真中】ここのカフェラテが大人気!

【写真右】これが顔より大きなカフェラテ。クロックムッシュ
はシンプルでおいしかったです