ニューカレドニア ダイビング

渋谷駅前店 ビーチリゾートデスク TEL 03-6415-8614

ニューカレドニアまとめサイト トップ > ニューカレドニア ダイビング

ニューカレドニアまとめサイト

ダイビング

ダイビング

ターコイズブルーに輝く海は、水中生物のサンクチュアリ 「天国に1番近い島」でその名を馳せたニューカレドニア。
ホワイトサンドのビーチと、南半球の強い陽射しを受けてターコイズブルーに輝くニューカレドニアの海は、絶好のダイビングの拠点でもある。
世界で2番目の大きさを誇り、2008年7月には世界遺産にも登録されたニューカレドニアのバリアリーフは、多くの水中生物たちの棲家となっている。
ダイビングでは、ブラックマンタやグレイリーフシャークをはじめ、魚種、魚影がともに豊富で、沈船などのバリエーションもあるニューカレドニアのヌメア。
抜群の透明度と、ソフトからハードまで美しいサンゴが群生するイルデパンやリフーなどの島々もダイビングを楽しめる。ニューカレドニアは、どのエリアも期待を裏切らないダイビング向きの海と言えるでしょう。
ニューカレドニアでのダイビングで非日常を味わうのはいかがでしょうか。 ニューカレドニアのダイビングツアーを数多く取り扱っております。

~世界遺産の海 ニューカレドニアでダイビング~

2008年7月7日、カナダのケベックで行われた会議において、ニューカレドニアの海がユネスコの世界遺産に登録されました。
ニューカレドニアの類稀なる美しいラグーン、ウミガメ、魚、ジュゴン、エコシステム、オセアニアの自然に関する重要な情報ソースなどが評価されました。
ニューカレドニアの海は、世界で2番目の大きさを誇るバリアリーフを持っています。世界遺産にも登録されたニューカレドニア海はまさに水中ダイビング・生物のサンクチュアリ。
南半球およびニューカレドニアの固有種や、レア種から超大物まで、ログブックにはたくさんのニューカレドニアの生物たちとのダイビングでの出会いの記録を残すことが出来ます。

エリア紹介

ヌメア

ヌメア イメージ

ヌメア イメージ

ヌメア イメージ

「プチパリ」とも称されるニューカレドニア最大の街ヌメア。 ニューカレドニアのヌメアは、主に白を基調としたコロニアル風の建物が建ち並ぶ街並みが、パリの街並みを彷彿とさせます。ニューカレドニアの中でも最大の規模を誇ります。
碁盤の目のように敷かれた通りにあるお洒落なカフェやレストラン、ブティックショップが軒を連ねるニューカレドニアの中心地。
ニューカレドニア・ヌメアのビーチ沿いに多くのリゾートやショッピングモール、カジノがあるアンスバタ地区。
アフターダイビングはショッピングや観光など、アクティブに行動出来るニューカレドニアの街です。

イルデパン島

イルデパン島 イメージ

イルデパン島 イメージ

イルデパン島 イメージ

ニューカレドニア・ヌメアの東南東約100㎞に浮かぶイルデパン。 メラネシアの人々は、ニューカレドニアにあるイルデパンの美しさを「クニエ(海の宝石)」と称しました。
ピッシンヌナチュレルやクトビーチに代表される、キメの細かいホワイトサンドのビーチとクリアブルーのニューカレドニアの海は、思わず息を飲むような美しさでダイビングにも向いております。
また、ニューカレドニアのイルデパンはダイビングだけではなく絶好のスノーケリングポイントでもある。
抜群の透明度と色鮮やかなコーラルが群生するニューカレドニアの海は、起伏にも富んでおり圧巻の水中ダイビングの世界。 大物との遭遇率も高く、ダイビングも非常にお勧め出来るニューカレドニアの島。

リフー島

リフー島 イメージ

リフー島 イメージ

リフー島 イメージ

ニューカレドニア・ヌメアの北東約150㎞、ロイヤリティ諸島の中で最大かつ中心に位置するリフー島。 未だ手付かずのまま残るニューカレドニアの大自然と、そこに住むメラネシアの伝統的かつ素朴な生活スタイルが思わず時を忘れさせてくれる。
ダイビングでは、時に50mを越えるとも言われる抜群の透明度を誇るニューカレドニアの水中世界。
ニューカレドニアの海はソフトからハードまで色とりどりのコーラルが群生しており、サメや群れ系の大物との遭遇も期待出来る。
「生きた化石」とも呼ばれるオウムガイも棲む、神秘的なニューカレドニアの海。ダイビングで訪れてみてはいかがでしょうか。